Back to blogs

『ハサミを持って、世界一周』#ベトナム就職ブログ

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by Hiroaki Shibata

over 1 year ago

今回は、ベトナムのホーチミンで美容師として勤めておられる阿久津貴映(あぐりたかあき)さん。18歳で東京へ上京。東京の超有名美容室で働き、最高売り上げ記録を樹立。

そこから一転、”ハサミを持って世界一周”をすることに。そんなグローバルかつ予想不可能な人生を送っておられる阿久津さんを徹底解剖致します!

 

 

“誰もやっていないことをやりたい”

それでは早速、自己紹介と現在に至るまでの経緯を教えて下さい。)

群馬出身で18歳の時に東京の美容専門学校に通い、当時、表参道で一番有名な美容室に3000人中採用数5人という倍率の中で受かることが出来ました。

美容師としての売り上げ・人気・カリスマ性など日本の美容の全てを極めようと思い、ひたすら働きました。その甲斐あり、最高売り上げを達成したこともあります。

 

(3000分の5人ですか。凄いですね!)

それから貯金して、26歳の時に独立しようと思いましたが、ふと専門学生時代に美容留学で訪れたニューヨークを思い出し、海外の美容に興味を持つようになりました。自分の中で“誰もやっていないことをしてみたい”と思ったことが一番の理由です。

また知り合いが美容師として、世界を回って、首長族の髪を切っている写真などを見て、「やってみたい!行ってみたい!」という気持ちがより強くなりました。首長族だけでなく、単純に世界の絶景を背景にカットするのが、芸術作品のようで素敵だと思ったことも理由の1つですね。

その後、自分も美容師として世界を回りながら、2年間で約1200人の髪を切りました。その旅を通して、「南米のチリで店をやりたい」という目標が出来ました。

 

(南米?チリ?どうしてですか?)

日本で自分の店を持つのは正直いつでも出来たと思います。それに現在、日本はコンビ二の3倍ほどの美容室があり、市場も完全に飽和状態となっています。そういった環境で美容師として活動するよりも、日本で極めた美容を海外で広めたり、日本人の足りていない場所で広めたりして、”先駆者になりたい”と思いました。

 

(濃すぎて、これだけで凄い記事がかけますよ!!笑)

阿久津:2016年6月(2014年から2年間)に世界一周から帰った後、10月に今の社長と会い、現在に至ります。自由にやらせてくれるし、自分の今後のキャリアを考えたときにも、この社長の下でやろうと思いました。

先ほど南米で独立して、店を開きたいとお話されましたが、いきなり全く誰もいないところで行う勇気はなく、一度ベトナムで試してみたいという気持ちがありました。さらにオーナーになると色んなリスクがあります。そのリスクを背負うにはまだ早く、チャレンジしたいこともある為、今、独立するのは違うかなと。

今後、日本人の美容室がほとんどない7区に新しいサロンが出来るのですが、それも一つのチャレンジですね!

あと、オーナーになるにはお金が必要ということがやっと分かりました。笑

 

ベトナムと日本の美容の違い

(日本とベトナム、美容をするにあたって違うところうや苦労したところはありますか?)

日本は全てがキッチリしています。ちゃんとお客さんの要望に応えるために様々な質問をしている。それに対して、ベトナムではその“カウンセリング”が非常に難しいです。

カウンセリングの際、お客さんの意見を聞いて、提案して、本来は髪形を決めると思いますが、ベトナムでは既に彼ら自身の中に「絶対コレだ!」という正解のヘアスタイルがあるので、言うことを聞いてくれません。その点は理解しながら、やっていかないといけません。

ただ、無理やり全て日本のやり方にしてはいけないと思っています。個々の国の良さを引き出しつつ、日本の教育や美容を教えていきたいと思っています。

 

日本だけでなく、海外を視野に入れること

(現在、海外志向の日本人が徐々に増えていますが、日本人はこれからもっと海外に出るべきだと思いますか?)

日本で成功しているのであれば、出なくてもいいと思います。ただ僕は日本しか知らないで死ぬよりは海外に出て、色んなものを見て、経験し、感じてから、死んだほうが良いと思っています。

海外に出てみないと分からないこともありますし、海外の地で誰もしないことをした方が面白いですよね。どちらが良いのかはその人次第だと思います。また “その地で感じたことを発信する”これは我々、外に出た者がすべき役目だと思っています。自分が海外に出ている以上は、おせっかいになるかもしれませんが、積極的に発信していきたいと思っています。

 

海外・ベトナム就職とは“つながり”

(それでは最後にベトナム(就職)に関して、一言下さい!)

“つながり”です。今ホーチミンに来て、2週間ですが、新しい店が決まったり、ヘアメイクの仕事が決まったり、TVも決まったり、とにかくビジネス面・生活面・友達の数など、何でもスピードが早いです!日本でできるスピードの×100倍ですね!

ただ、それは自分が動いた結果だと思います。動いた分だけ、繋がりもたくさんできますし。あと躊躇しないこと・チャンスを見逃さないことも大事です。疲れているから、やらないは終わってます。つながりです!!

 

(いい言葉、頂きました!)

星2つです!

 

(え、なんですか?)

頂きましたって言ったじゃん。笑

 

(そこは3つでいきましょうよ!笑)